【SNS・Webマーケ】地域のおもしろさを伝える編集部メンバー募集 - 東海ヒトシゴト図鑑

project

【SNS・Webマーケ】地域のおもしろさを伝える編集部メンバー募集

  • 時計アイコン4日前
  • 閲覧数アイコン

地元に、地域に関わりたいのになかなか情報にたどり着けない…という課題を解決する東海ヒトシゴト図鑑
ライティング、デザインを学びながら編集部メンバーの一員として活動してみませんか

誰とやるのか

■G-netの取り組み


 

G-netは、2001年に「岐阜の街を元気にしたい」と立ち上がった団体です。

地域の中小企業と挑戦意欲の高い若者をつなげ、若者の育成と地域産業の活性化を両輪とした地域づくりを行っています。

 

▼対企業支援

今までインターン・採用・兼業副業といった手法を通じて、企業自身が変化・成長していくための伴走支援を行ってきました。

その中で、以下のような意欲ある方々とご一緒しています。

・技術を継承して、現在のライフスタイルに合わせた形で昇華している企業
・目の前の社会課題に対して、スピード感を持って取り組める企業
・インターンや兼業人材を受入れることで、採用のブランド力を上げている企業

 

決してネームバリューがあるわけでも、数字上の大きな拡大があるわけでもないのが中小企業。

 

ですが、小回りの利く挑戦が出来ることや、経営者と経営の方向性についてまで核心を突いた議論が出来ることなど、特徴を上手くいかすことで魅力的な側面はたくさんあると信じています。

実際に、越境学習先として、大手企業の研修先に中小企業の課題解決プログラムが選ばれている実績もあります。

企業の声①:未知のことも「なんだか面白そう」と引き寄せる力が、G-netにはある(note)

企業の声②:時代の波に立ち向かうものづくり企業とG-net。事業の継承と成長を支えるサポートを(note)

 

中小企業の挑戦に伴走してきたG-netだからこそ知っている、企業の魅力を伝えられるコンテンツに編集し、東海ヒトシゴト図鑑で発信していきたいと思っています。

 

▼対若者支援

実践型インターンシップや、中小企業に特化した新卒就職採用支援、プロジェクト型の副業兼業マッチング支援など、これまでさまざまな事業を展開してきました。

最近では、若者向けのオンラインキャンパスの運営(つながるキャンパス)や、新たな大学設立プロジェクトへの参画(Co-Innovation University(仮称))なども始まっています。

いずれのプログラムでも「参加する人材のキャリア自律を促すこと」を大切にしています。

「誰かに言われたからそうする」ではなく、自分自身のこれまでに向き合い、これからのキャリアを築いていくために、どの選択肢を取るのか自分で決める。

その手伝いを、G-netコーディネーターは1名1名と向き合いながら、おこなってきました。

 

コロナ前までオフラインで行ってきた「生き方の紹介」「企業の紹介」「キャリア自律を促す面談」を、オンラインで行っていこうとするのも、この東海ヒトシゴト図鑑での挑戦です。

 

私たちG-net職員の「お節介さ」「キャリア自律を諦めない伴走」をコンテンツとして発信することで、より多くの人に届けられる機能を持たせていきたいです!

 

読んでくださる人材にとって「自分のキャリアを真摯に考えるきっかけになった」と思ってもらえるようなコンテンツ作りと、プロモーションを進めていきます。

 

東海地域の魅力的な企業、そして人材が集まるプラットフォームとして、東海ヒトシゴト図鑑を育てていきたいと考えています。

 

▼G-netアニュアルレポート(2021)

https://gifist.net/wp-content/themes/gifist/image/2021annual.pdf

なにをやるのか


■地域で働く面白さや価値を身近に感じられるコンテンツに編集して発信をしていきます。


ターゲットは、地域で働くことに少しだけ興味を持ち始めている若者たち例えば、高校生・大学生・Uターンを考えている若手3年目の社会人・結婚を機に働く場所を変えようと思っている方、などなど。地域に関心を持ってくれていても、その人たちが出会える情報には現状限りがあるなと感じています。

 

掲載社数は豊富ながらも、情報のフラットさが原因で、個社の魅力や奥行きがわかりにくい行政支援サービス。 広告費用が実質的な露出の差となり、ブランドや知名度が先行しがちな求人ナビ。仕事を探すうえでさまざまなツールがある一方で、地域でやりがいを持って働ける仕事には出会えないという声は決して少なくありません。
 
20年以上にわたって、地域と人を繋げてきたG-netとして、もっと素直に、地域の仕事やそこで挑戦する人と若者が出会う機会を作りたいと考えています。そのためには、地域だからこそ挑戦できる機会の紹介と、自分らしく働くことを考えたときのキャリア設計を深ぼるコンテンツ作りが必要だと考えました。
 
例えば、以下のようなコンテンツを考えています。
①歴史とプライド・技術を持って挑戦する企業の紹介
・土地と結びついたビジネスには、歴史と、強みが隠されています。 知られざる地域企業の魅力を掘り起こしていきます。
・従来の求人サイトとは違う、新たな視点で地域を発掘し、奥行きある情報を届けたいと考えています。
 
②地域での働き方・生き方に迷ったときに、選択肢を提示できるようなキャリア支援
・自分らしく働く、の先に「地域でのキャリア」を選んだ人の事例など、十人十色のキャリア選択を少しでも身近に感じられるような情報を作っていきます。
・地域で働きたいけど、自分に合う仕事が見つからない、見つけ方がわからない人をサポートする情報を届けたり、地域の経営者や、挑戦者との交流イベントを作っていきます。
 
ただ良い面を切り取るのではなく地域で働くリアルを届け、 一人一人のキャリアに真摯に向き合う場を作りたい。
編集メンバーとして記事作成・コンテンツ考案・ライティング・企業へのヒアリングなどを行っていただけるメンバーを募集します。
▼東海ヒトシゴト図鑑公式サイト
https://tokai.hitoshigoto-zukan.jp/



■東海ヒトシゴト図鑑について


 

東海ヒトシゴト図鑑とは、挑戦する人、挑戦する企業、挑戦したくなるプロジェクトを発信する東海地域の「人と仕事の」マッチングプラットフォームです。

 

今までの事業の中でお付き合いのある企業を中心として、挑戦する企業紹介情報を蓄積してきました。

 

何もかも揃っているわけではないのが中小企業。

基本的には人材不足・資金不足など、資源に乏しいのが現状です。

 

しかし、その中でも挑みながら事業変革を遂げている会社、働く人にとってモチベーションがあがり、意欲高く働けるようになるための制度設計に取り組む会社も多数あります。

 

そうしたきらりと光る一筋を見出して、発信しているのが東海ヒトシゴト図鑑の中の「企業図鑑」です。

 

 

一方で、このサイトはまだまだ人材(特に学生)には見られていないことが課題です。

仕事探しの媒体が多数存在するなかで、

・東海ヒトシゴト図鑑が選ばれるための特徴はなにか?

・誰に読んでもらいたいのか?

・どのようにその人たちに広めていくのか?

大まかな仮説はありますが、アクションができておらず、仮説の精度を高めていく議論もなかなかできていません。

 

今回のプロジェクトでは、東海ヒトシゴト図鑑の人材(特に学生)に向けて、コンテンツ作りとプロモーションを私たちと一緒に進めていただける方を募集します。

 

■今回実現したいこと


高校生・大学生にとって地域のおもしろさを知り、多様な選択肢に出会う道しるべとなるサイトになることを目指します。

編集チームを組み、コンテンツの拡充と若者向けの遡及を進めます。

・具体的なコンテンツを作成していくこと

・SNSを中心としたプロモーション方針を定めること

「地域で働くと言ったら東海ヒトシゴト図鑑」と、名前が挙がってくる状態を目指します。

なぜやるのか

東海ヒトシゴト図鑑は地域企業の経営支援と高校生・大学生のキャリア支援の両輪で成り立っています。

若者たちに対しては先にも述べたとおり、高校生・大学生にとって地域のおもしろさを知り、多様な選択肢に出会う道しるべとなるサイトになることを目指しています。そして、東海にある魅力的な中小企業がまとまる一つのきっかけを地域企業の皆様に提案しています。

 

熊本県黒川温泉の取り組みをご存知ですか?

黒川温泉は「黒川一旅館」を地域理念とし、30の温泉宿が集うこの地域を、ひとつの大きな旅館に見立てています。

黒川温泉「湯あかり」ライトアップの様子

▼黒川温泉採用情報サイト

https://www.kurokawaonsen.or.jp/recruit/

 

24軒の旅館と緑豊かな山々に囲まれた、小さな温泉街。

一つひとつの旅館は「部屋」であり、道は「廊下」。 温泉街全体の風景が、まるで一つの旅館のように、地域住民が一丸となって「黒川一旅館」をつくり続けています。

旅館は個々で刺激し合いながらサービスの質を高める一方、旅館同士が手を取り知恵を出し合い、一丸となって温泉地を創っています。

「黒川温泉」を選んでくれたお客様を自分の宿で囲いこまず、ニーズに合わせてお互いの宿を紹介し合う。 黒川温泉全体でお客様を誘致する。

そんな関係性ができています。

 

G-netが目指す企業支援も、これを目指しています。

 

せっかくこの地域に興味を持ってくれた・せっかく中小企業を魅力に感じてくれたのであれば、自社で合わないと感じても、他社を紹介する。

そのために、他の企業の魅力や育成体制も把握しながら、東海地域全体で強くなっていく。

そんな関係性を築いていきたいと思っています。

 

地方の中小企業は、1社単独でいても、なかなか見つけてもらうことができません。

 

でも、魅力的な企業群として地域で集まることで、人材側にも見つけてもらいやすくなります。

 

隣の会社を「ライバル」ではなく「共に協力し合う仲間」と捉えられるようなコミュニティを表す場所として、東海ヒトシゴト図鑑を作っていきたいです。

募集要項

仕事内容

【STEP1】
G-netの事業全体についての理解・東海ヒトシゴト図鑑の現状を知る

・「G-netの事業戦略として、なぜ東海ヒトシゴト図鑑を始めたのか」その重要性について理解する
・類似サイトの魅せ方やその課題感について共有しながら、東海ヒトシゴト図鑑の強みや特徴を定める

【STEP2】
コンセプト理解とコンテンツ作り

・サイトブランディングのためのコンセプトを言語化(編集メンバーで議論を重ねます)
・コンセプトを体現するコンテンツ設計を進める
※既につながりのある企業情報や、そこで働く経営者・スタッフの方というリソースを活用したコンテンツを考えていきます
・SNS情報発信方法の軸を定める

【STEP3】
情報発信実働(議論だけでなく実際にコンテンツ作成や投稿などをお願いします)
コンテンツに則した記事作成・オンラインイベントなどの企画・SNSでの情報発信

期待する成果
【認知度を獲得すること】
・公式LINEアカウントの友達登録者100名増
・持続可能なSNS運用方針が決定すること
対象となる人材像
・コンセプトに共感できる
・地域で働くことに興味がある、経験がある、何等か関わりたい思いが強い
・キャリア支援に興味がある
・粘り強く、やりきる力がある
・WEBメディアでのコンテンツ作りが得意な方・経験を持っている方

私たちと一緒に試行錯誤しながら、ともに考え実行してくれる方を募集します!
得られる経験
・東海ヒトシゴト図鑑のメディアコンテンツ立ち上げ期に携わることが出来る
・想いがあるWEBの「実」を作っていく経験が出来る
・若者のキャリア選択に貢献できる
・SNS運用の実績を詰める
契約形態
インターンでの関わりを想定していますが、エントリー頂いた方のご経験と依頼できる業務内容、専門性に応じては雇用契約となる場合もございます。
選考中にご相談の上、決定します。
知的財産権の
取り扱いについて
応募される企画内容については、採用、不採用問わず知的財産権を将来にわたって放棄したものとし、権利の主張を行わないことに合意されたものとします。
活動条件・選考方法
▼期間
6ヶ月(その後の延長も検討します)
長期休暇期間は1カ月のみも可能

▼活動方法・稼働時間
原則オフラインでの稼働・事務所に出社できる距離からご参加ください。事務所からオンラインで学校の授業に出ることも可能です。遠方の場合、住居については要相談となります。休学しての移住も歓迎です。
※応募者多数の場合、平日の日中に稼働できる方を優先させていただきます。

▼選考方法・選考スケジュール 
エントリーされた方から随時選考をしていく予定です。
そのため締切日を待たずに随時エントリー〆切とさせていただく可能性がございます。

 ◆書類選考後、随時日程調整
 ◆【1】書類選考→【2】企業面接→【3】合否通知

・書類選考の結果通知について
 エントリー後、随時書類選考させていただき、書類選考結果のご連絡をいたします。

・書類選考
 ◎マイページの記載内容(ご経歴、スキル、経験など)
 ◎エントリー時の志望動機の内容
 上記2点で書類選考をさせていただきますので、十分にご記入いただきますようお願いいたします。
給与・報酬/活動支援金
休学等の一定時間以上の実習時間を確保できる方は、生活費等の活動支援金を出します(月額2~6万円)
各種手当、福利厚生
▼諸経費の取り扱いについて
交通費・プロジェクトにかかる経費は当社で負担いたします。

▼保険について
弊社が手配する傷害保険に加入頂きます(会社負担)

▼休日休暇
土日祝休みです

▼福利厚生

▼コーディネーターのフォロー体制について
活動場所
原則オフラインでの稼働・事務所に出社できる距離からご参加ください。事務所からオンラインで学校の授業に出ることも可能です。遠方の場合、住居については要相談となります。休学しての移住も歓迎です。

団体情報

NPO法人
G-net

NPO法人G-net
地域に人が集まる人材還流の生態系・文化の創出に挑む事業型NPO法人
働くスタッフひとりひとりが、ヒトと地域に寄り添う伴走コーディネーター

ヒト情報